整体療法と鍼治療

整体療法と鍼治療

腰椎分離症や、腰椎すべり症の治療法として、保存療法のほかに、整体療法や鍼治療があります。

整体療法とは、体全体の骨のゆがみやズレの矯正、骨格筋の調整を手足を使って行う療法のことをいいます。腰椎分離症や腰椎すべり症を患っている場合、腰部だけでなく体全体の骨がゆがんでいたり、ずれていたりすることが多いので、整体療法は効果のある治療法といわれています。

鍼療法とは、鍼や灸を用いて、体に刺激を与え疾病の治療や体質改善、健康増進を促す療法のことをいいます。整体と同じく腰部だけでなく、体全体のバランスを整える効果が期待されるため、腰椎分離症や腰椎すべり症に効果のある治療法といわれています。

整体療法も鍼療法も、古くからなじみのある治療法です。体全体のバランスを整えることができる治療法ですから、腰椎分離症や腰椎すべり症が再発しにくいのが特徴だといわれています。ただ、整形外科などで行う保存療法と同じく、必ずしも腰椎分離症や腰椎すべり症を完治させる治療法ではありません。その効果には個人差があることを認識しておきましょう。