腰椎分離症、腰椎すべり症の手術

腰椎分離症、腰椎すべり症の手術

腰椎分離症や腰椎すべり症の治療は、まずコルセットの着用や、鎮痛剤の服用などの保存療法がおこなわれます。また、体全体の筋力バランスを整えるため、整体療法や鍼療法などをおこなう場合も多いようです。

しかし、それらの治療でも腰椎分離症や腰椎すべり症が改善されない場合、手術がおこなわれることになります。手術を受ける人は、腰椎分離症や腰椎すべり症患者の2~3割といわれています。

腰椎分離症や腰椎すべり症の手術は、分離したりすべった骨により圧迫されている脊柱管を削り、神経の通りをよくする手術がおこなわれます。または、患部に金属をあてがい、分離したりすべっている骨を固定することにより、神経の圧迫をなくす手術をおこないます。

手術後は、作業療法がおこなわれます。個人差がありますが、手術後2~3日ほどでコルセットを着用し、立つ練習をはじめます。その後は、歩行器を利用しての歩行訓練がおこなわれます。

手術には入院が必要で、個人差はありますが2~3週間ほど入院するようです。