腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、名前の通りですが、腰椎が前にすべっている状態の事をさしてこの名前になっております。

若い人というよりも、中高年に多い症状で、どこかを痛めたように激しい痛みがあるわけではないので、安易に考えそのままほおっておくと、慢性化する原因にもなります。
この腰椎すべり症は腰痛といわれる症状の中でも代表的な症状になりますので、慢性化しないように早めに対処する事をお勧めします。
具体的になぜこういった症状は発生するかですが、多い理由として生活習慣や加齢による柔軟性の喪失等で腰椎の支えが弱くなり、前にすべってしまっています。
ただ、腰の痛みがあればわかりやすいですが、違和感程度しか感じない場合には、ほとんどの方はデスクワーク等のせいかと安易に考えてしまいます。
違和感等が毎回、床に長時間座っている状態で感じる等であればそれは可能性がありますが、そういったサインになかなか気づけないのが現状です。
ですので、腰だけではなく体全般に言えることですが、軽い違和感でもった場合に、整体や整骨院の専門家家や病院にいって定期的に観てもらうことが一番です。