腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

腰椎すべり症と深く関係のある疾患として、脊柱管狭窄症があります。

脊柱管狭窄症は、腰椎すべり症などの原因により、腰部の脊柱管が圧迫され狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫され、腰痛などの痛みを訴える疾患のことをいいます。脊柱管狭窄症は、どんな年代でもかかりやすい疾患といわれていますが、特に50代以降に多い疾患です。

脊柱管狭窄症にかかると、長時間の歩行が困難になる場合があります。ただ、しばらく休むと再び歩行できることから、加齢による神経痛だと誤認する人が多く、なかなか脊柱管狭窄症であると気づかない場合も多いようです。

脊柱管狭窄症と腰椎すべり症は、切っても切り離せない関係にあります。ですから、脊柱管狭窄症を自覚した場合には、腰椎すべり症を発症している可能性もありますので、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

脊柱管狭窄症は腰椎すべり症と同じく、主に保存療法で治療されます。完治するためにも、自覚症状を感じたら早めに医師の診察を受けましょう。