スポーツとの関連性

スポーツとの関連性

腰椎分離症や腰椎すべり症の原因として、骨が成長過程にある10代前半に激しいスポーツを行うことがあげられます。実際に、腰椎分離症や腰椎すべり症は、体操や棒高跳びなどの体をそらしたりひねったりすることが多いスポーツ選手に、多い疾患といわれています。

激しいスポーツを起因とした腰椎分離症や腰椎すべり症は、まず運動時に腰痛を訴えることが多いようです。ただ、普段の生活では痛みを感じないことから、そのまま放置され悪化してしまうケースも多いといいます。ですから、子どもが運動時に腰痛を訴えたら、腰椎分離症や腰椎すべり症を疑いましょう。

腰椎分離症や腰椎すべり症の治療には、コルセットの着用や鎮痛剤の服用、ブロック注射などの保存療法が用いられます。治療中のスポーツは厳禁ですので、気をつけましょう。また、復帰の時期も個人によりまちまちです。必ず医師の許可が出てから、復帰するようにしてください。もし、腰椎分離症や腰椎すべり症が完治しないうちにスポーツをおこなうと、より悪化させてしまう可能性がありますから、十分に注意しましょう。