腰椎すべり症の改善方法

腰椎すべり症の改善方法

腰椎すべり症の改善方法はいくつかあります。

まず代表的なものが、整形外科などに通いおこなう、保存療法を受けることです。保存療法とは、体にメスを入れず出血することなく、疾患を治療する方法のことをいいます。腰椎すべり症では、コルセットを着用したり、痛みがある場合には鎮痛剤を服用したりして、ずれが改善されるのを待ちます。腰椎すべり症の初期ですと、この保存療法で改善することがほとんどです。

次に、保存療法のひとつである、整体療法を受けることもあげられます。整体療法とは、東洋医学のひとつで、その名のとおり、体のバランスを整え、疾患を治療する療法のことをいいます。腰椎すべり症にかかる場合、腰部に大きな負担がかかっていることが多いため、まずは腰部周辺の筋力バランスを整え、それから全身の筋力バランスを整える治療が行われます。

腰椎すべり症の改善方法は、このほかにも多数あります。どれも必ず医師の診断を受け、指示を守りながら行う必要があるので、気をつけましょう。けっして、個人の勝手な判断で行ってはいけません。