腰椎分離症、腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎分離症、腰椎すべり症と坐骨神経痛

坐骨神経痛を訴え、病院で診察を受けたところ、腰椎分離症や腰椎すべり症が原因であったという人は、珍しくありません。腰椎分離症や腰椎すべり症は、腰痛だけでなく、坐骨神経痛を引き起こす原因にもなります。ですから、坐骨神経痛を自覚したときは、腰椎分離症や腰椎すべり症である可能性も考えましょう。

坐骨神経痛は、でん部から太もも裏側にピリピリしびれるような痛みを感じます。これは、腰椎分離症や、腰椎すべり症により神経が圧迫されることからおこります。ひどい場合は発熱したり、日常生活が困難になることもありますので気をつけましょう。

坐骨神経痛を自覚したら、まずは安静にしましょう。それから腰椎分離症や腰椎すべり症の治療にとりかかります。腰椎分離症や腰椎すべり症の治療には、コルセットを着用するなどの、保存療法が用いられることが多いようです。

原因となっている腰椎分離症や腰椎すべり症を治療しない限り、坐骨神経痛は改善されません。必ず医師の指示に従って、適切な治療を受けるようにしましょう。