神経ブロック療法

神経ブロック療法

腰椎分離症や腰椎すべり症の治療として、神経ブロック療法を用いることがあります。神経ブロック療法とは、注射を打つことで、痛みを伝える神経をブロックする療法です。

神経ブロック療法は、鎮痛剤の服用とは大きく異なります。まず、鎮痛剤の服用では抑えることのできなかった痛みを抑えることが可能です。さらに、効き目が長いのも神経ブロック療法の特徴です。痛みを長時間抑えることができるため、血流もよくなり、痛みを根本から治します。

しかし、腰椎分離症や腰椎すべり症は神経ブロック療法のみでは完治しません。痛みがなくなっても、滑ってしまったり離れてしまった部分を元に戻さない限り、完治したとはいえないからです。あくまで、痛みを取り除くための治療が神経ブロック療法であることを忘れないようにしましょう。痛みがなくなったからといって、激しい運動などをすると、腰椎分離症や腰椎すべり症が悪化する場合もありますから気をつけてください。

神経ブロック療法は、施術後にいくつかの決まりがあります。施術当日の入浴禁止や、飲酒禁止などです。しっかりと医師の説明を聞き、適切な治療を受けるようにしましょう。