腰椎すべり症・腰椎分離症とは

腰椎すべり症・腰椎分離症とは

・腰椎分離症
腰椎の椎間板のついている前方部分を椎体、後方の椎間関節のついている部分を椎弓と呼び、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。
椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といい主に5番目の腰椎(腰の骨)に生じます。

明白な原因はまだ分かっていませんが、ハードなスポーツなどをすることでの「疲労骨折」が原因という考え方が一般的です。
骨が成熟していない少年期に多く発症することからみても、スポーツで腰部に繰り返しかかる負担が原因とされています。

・腰椎すべり症
腰椎すべり症は椎骨が前後にずれている状態です。
すべり症は脊椎(せきつい)同士がずれた状態のことをいいます。
腰椎分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」といい、分離に伴わないもの「変性すべり症」といいます。

分離すべり症は、疲労骨折などによる椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、発症します。
成長期では椎体の変形で、壮年期では椎間板が加齢で変性するなどして発症します。
分離すべり症は腰痛がクセになってしまったり、あるいは腰痛と下肢痛が慢性化することがよくあります。

変性すべり症は分離に伴わないすべり症で、椎間板の老化による不安定性が原因であるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。
腰の骨(腰椎)が前後にずれてしまうもので、中年以降の女性に多く発症し第4番目の腰椎によく認められます

変性すべり症も腰痛や下肢痛が起こりますが、脊柱管全体が狭くなるため馬尾神経を圧迫して起こる症状が主症状になります。
即ち、じっと立っていたり歩いていると下肢痛やしびれ感におそわれ立っていることも歩くこともできなくなり、しばらく休むと痛みが和らいでまた歩けるようになるという間欠性跛行と呼ばれる典型的な症状がでてきます。