腰椎分離症、腰椎すべり症の原因

腰椎分離症、腰椎すべり症の原因

・腰椎分離症
腰椎は、前半分の椎体と、後ろ半分の椎弓からなり、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう病態です。
分離症の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。

生まれつきのものは、分離以外にも椎体や椎弓自体に形態異常があることが多く、高度なすべり症を発症することがあり注意が必要です。

後天性の多くは子供の頃にスポーツなどで繰り返し腰に負荷をかけたために、疲労骨折を起こしたものと考えられています。

体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入るようになるのです。
スポーツ選手以外の人では分離症の人は5%程度ですが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。

しかし、スポーツは原因のひとつであり、体質的な要素も関係しています。
分離症が原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。
分離症・分離すべり症は第5腰椎によくみられます。

・腰椎分離すべり症
腰椎の一部(または全体)がその下の腰椎に対して前方にすべり出てしまい位置がずれた状態をいいます。 

腰椎分離症の進行で、関節が不安定になってしまうため、腰椎すべり症になることがあります。
ヘルニアなど別の病気の原因となる可能性があります。

・腰椎変性すべり症
変性すべり症は、腰の骨(腰椎)が前後にずれてしまう病気で、中年以降の女性に多く発症し、第4番目の腰椎によく認められます。

腰椎は、椎間板や椎間関節によってすぐ上の腰椎がずれないようになっていますが、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなり、ズレが生じます

多くは加齢により腰椎の椎間板や関節・靭帯がゆるみ、腰椎が不安定になってずれるようになると考えられます。

酷くなるとズレが脊柱管狭窄症をまねき神経が圧迫されて、腰痛や下肢の痛み・しびれが生じてきます