腰椎分離症・腰椎すべり症の症状

腰椎分離症・腰椎すべり症の症状

腰椎分離症の症状
 分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多いのですが、長時間の立ち仕事や、腰を反らせたり横に曲げたりした時に腰痛を訴え、腰掛ける、立つ、歩くなどの連続した同じ動作を続けるのが辛くなります。

この時の腰痛は分離している部分の骨の痛みで、特に腰からお尻にかけて痛むといわれ、下肢の筋力低下や痛み痺れなどの神経症状も稀に出ることがあります。

座り続けていたり、立ちっぱなしでいたり、長い時間同じ体勢でいる事が特につらく感じるようになります。
激しい運動中には急に腰が抜けるような状態になったりもします。

これらの症状は、ぎっくり腰のように突然おそって来るものではなく、始めは「何かへんだな・・・」という違和感から始まり、それが徐々に慢性化していき、違和感が痛みへと変わってきます。

逆に激痛はほとんどないといわれていて、特に高齢者が腰椎分離症やすべり症をおこすと殆どの人は原因を歳の所為にして我慢してしまうといわれています。

腰椎すべり症の症状
腰椎すべり症の主な症状は、強い腰痛があり、神経圧迫があれば、脊柱管狭窄症としての症状、すなわち、下肢痛、しびれ筋力低下などによる間欠跛行が生じ、ひどくなると馬尾症状(馬尾症候群)が出現することがあります。

原因によって・・
・腰椎分裂すべり症(脊椎分離症が原因)・・腰椎が分離してズレが起こっている場所を基点にして、上体が前にせり出す。不安定感がある。
・腰椎変性すべり症(加齢による骨の変性=老化が原因)・・長時間立つことでの腰痛や臀部痛。下肢に痺れが出る場合もある。
・先天性腰椎すべり症(先天的な形成異常)・・お尻が出た姿勢になる。腰痛の他に下肢痛もあらわれる。