腰椎分離症や腰椎すべり症の診断と治療

腰椎分離症や腰椎すべり症の診断と治療

腰椎分離症や腰椎すべり症の診断は側面や斜めのX線(レントゲン)像で行います。
しかし、分離やすべりがあっても、必ずしも症状が現れるとは限っていません。

中年以降、たまたま腰椎単純エックス線写真を撮ってみたら、偶然に腰椎分離症や腰椎分離すべり症が見つかったというケースもあります。

また、手術をする場合には神経圧迫の状態を詳しく調べたり、分離した部分をよりハッキリとチェックするために CT検査やMRI検査を行います。

X線等の検査で腰椎の分離やすべりがはっきりと確認された時は、症状が軽度であれば心配する必要はありません。

腰痛が主症状の場合、保存療法で改善が得られなければ手術が必要となります。

青少年の腰椎分離症は、急性期であれば6カ月程度コルセットを着用していれば、分離部の骨癒合が期待できます。

この時に用いるコルセットは、市販のコルセットでは効果は期待できないので、整形外科で患者本人の腰部の型をとって作るものが使われます。

また、薬物療法としては、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などで対処し、神経が圧迫されることによって生じる腰部脊柱管狭窄症の症状に対しては、馬尾神経の血流を促進する末梢循環改善薬が使われます。

その他の保存療法として、腰痛に対しての理学療法や、下肢痛、(神経根性疼痛)に対しての神経ブロック療法などがあります。

下肢のしびれや痛みがある場合で日常の生活が困難な時は、手術を考える必要があるかもわかりません。
手術の時期が遅すぎると、せっかく手術をしても改善が得られにくい場合があり、手術のタイミングがとても重要となります。
整形外科医と十分な相談をされることをおすすめします。