腰痛にオステオパシー治療

腰痛にオステオパシー治療

最近、日本国内でも腰痛の治療にオステオパシーという手技療法を用いているところが見受けられるようになりました。
腰椎分離症、腰椎すべり症の痛みの緩和などにもこのソフトな手技療法が使われ効果を上げているようです。

オステオパシーとは、1874年(カイロプラクティックが開発される20年程前)アメリカの整形外科医アンドリュー・テイラー・スティル氏が開発した手技療法です。

アメリカを含む多くの西洋諸国ではカイロプラクティック同様に、オステオパシーの施術者はドクター・オブ・オステオパシーとして、既に医師と同等の社会的地位を持っており、その教育機関についても非常に充実したものとなっています。

しかし、日本では沢山のオステオパシー団体がありますが、まだ日本社会に根付いた治療法とはいえなのです。国家資格としての法整備も進んでいません。

オステオパシーは医師が開発したものであり、その医学的・科学的根拠は初期のカイロプラクティックをはるかに超えていますし、その治療効果については疑いなく非常に優れた手技療法という事ができます。

カイロプラクティックとの違いは下記のようなところにあります。
カイロプラクティック・・・「脊椎矯正」、基本概念は脊柱の歪みを矯正で取り除くということにあり、骨格矯正を重要視している。

オステオパシー・・・「筋肉調整」による自律的な骨格矯正を促すという方法論で、全身の歪みを捉え、総合的に整えていくという幅のある捉え方をしている。

つまりオステオパシーは、骨格を支えている筋肉のアンバランスが原因で骨格の歪みが生じているのであるから、その筋肉のアンバランスを取り除けば、筋肉は正常な機能を回復し、骨格を正常な位置へと戻すはずであるいう考えなのです。

このことは、人間の持つ自然治癒力による治療こそが一番望ましいというもので、 オステオパシーの手技療法による自然治癒力による回復に大きな期待を寄せていいのではないでしょうか。

オステオパシーはカイロプラクティックに比べると安全性に優れているとも言われていますが、筋肉の調整は骨格の矯正に比べると、どうしても施術に時間もかかってしまいます。

今のところ健康保険の適用外であり、治療費用が高めになってしいます。
 オステオパシーが日本にしっかりと根付いて、色々な面において整備が進み費用をかけることなく、腰痛の痛みを和らげることが出来ることを期待したいものです。