腰椎分離症や腰椎すべり症の検査

腰椎分離症や腰椎すべり症の検査

腰部の痛みがひかない場合、早めに病院などで検査を受けることが大切です。病院での検査は、レントゲン撮影をおこなうことがほとんどです。腰痛以外の疾患のため、レントゲン撮影をしたところ、腰椎分離症や腰椎すべり症がみつかった、というケースも少なくないようです。

また、腰部だけでなく下肢にも痛みがある場合には、MRIで検査をおこなう場合もあります。腰椎分離症や腰椎すべり症により、下肢にも痛みが出る場合があるからです。

検査を受け、腰椎分離症や腰椎すべり症と診断された場合、まずは保存療法と呼ばれる治療法が用いられます。コルセットで腰部を固定したり、鎮痛剤を服用したりして、腰部の痛みがひくのを待ちます。鎮痛剤の服用で痛みがひかないばあいには、腰部にブロック注射をうつこともあります。

腰椎分離症や腰椎すべり症は、けっして感知しない疾病ではありません。腰部に痛みや違和感を感じたら、すぐに専門の機関で検査を受けるようにしましょう。