腰椎分離すべり症のセルフケア

腰椎分離すべり症のセルフケア

腰椎分離すべり症は、背中を反らしたときに鈍痛が起こる程度で、坐骨神経痛が起こるまではとほとんど症状はありません。

普通の筋肉疲労による腰痛だと思い放置しておくことが多いのですが、レントゲンを撮ってみるとはっきりわかります。
分離だけだと、レントゲンで映るのは薄く白い線なので、ほとんどわかりません。

重篤な状態にならないうちに腰椎分離すべり症であることがわかれば、手術の必要もなく保存療法で治療が行えます。
たかが腰痛とあなどらず、早めに専門医の診察を受けることがとても重要になってきます。
「早期発見、早期治療」です。

腰椎分離すべり症の痛みの解消法として自宅でできるアイシング(冷却療法)があります。
勿論、医師の診断を受けて医師の指導の下で行う必要があります。
アイシング(冷却療法)をすると痛みを和らげることができると同時に、炎症を抑え治癒を早めることができます。

その他、自分でできる腰椎分離すべり症のセルフケアは下記の通りです。

意外に思うかもしれませんが、イスに座っている状態はその姿勢にもよりますが、立っている状態の時よりも、腰椎の椎間関節や椎間板にかかる負荷は約2倍になります。

首を10度下に傾けるとさらに2倍の負荷が腰にかかるので、デスクワークや車の運転などで長時間座っている人の腰は悲鳴を上げているかもわかりません。

できるだけこまめに休憩をとって、立ち上がったり歩いたりしましょう。
それだけでも効果は十分にあります。

お風呂は38度~40度程度のぬるめのお湯で、ゆっくりと入って下さい。
ぬるめのお風呂は副交感神経を刺激し、血行を良くしますが、熱いお風呂(42度以上)は交感神経を刺激し、血行不良を起こし症状を悪化させる可能性や、その他の危険性もありますので控えて下さい。

腰椎分離すべり症の注意点ですが、カイロプラクティックや整体によるボキボキ矯正は禁物です。
また痛みがある時の激しいスポーツはしてはいけません。
ヒールのある靴、そこの硬い靴は腰に過剰な負担をかけますので、できるだけ控えましょう。

血行不良により治癒が遅れる可能性がありますので、消炎鎮痛剤はなるべく使用しないようにしましょう。

また、人は血液を循環させるために筋肉の働きを必要としています。
ふくらはぎや腕の筋肉、咀嚼筋などを利用して心臓の働きを補助し血液を循環させていますので、筋肉の異常は血行不良の原因になります。

日頃からストレッチや筋トレなどで筋肉を鍛えておくことが、腰痛の防止にとても重要なのです。