腰椎すべり症をカイロプラクティックで治療

腰椎すべり症をカイロプラクティックで治療

腰椎すべり症を整体(カイロプラクティック)で治療することは、すでに一般的です。

カイロプラクティックは「自然治癒力」による自然回復へと導くことを目的としており、
カイロプラクティックにおける治療の最大の特徴は「脊椎(背骨)の矯正による治療」にあります。

カイロプラクティックによる脊椎矯正治療は、骨格の歪みによって障害を受けている神経伝達の流れを正常化させます。
神経が正常化すると筋力が元に戻り、色々な疾患や症状が治まってきます。

痛みを引き起こしている疲労骨折部位そのものではなく、背骨の湾曲を整えるように治療を行うことで、背骨の関節にかかっている負担を減らす事が出来ます。
このことによって背骨の中で圧迫されている中枢神経の負担を軽くすることができ、当然のごとく痛みは治まっていきます。

さらに、過負荷によって緊張を起こしてしまっている周囲の臀筋群、ハムストリング、腸腰筋などを手技やストレッチなどで和らげます。

ただし、カイロプラクティックでは、腰椎すべり症の原因である腰椎のすべりそのものを元に戻すことはできません
腰椎すべり症というのは完治が困難な病気ですから、カイロプラクティックなどの治療によって「痛みを軽減する処置」をとりながら病気と付き合っていくことも必要な事だと思います。

海外でのカイロプラクティックの施術者はDOC(ドクター オブ カイロプラクティック)という称号が示す通り、世界的な範疇で見た場合、「西洋医学」としての確固たる地位を確立した手技療法です。

しかしながら、残念な事に日本においては未だに法制化が進んでおらず、「民間療法」としての立場にあまんじており、特に手技療法の有資格者でない治療家であっても、開業が自由となっています。

ですからカイロプラクティックの施術を受ける場合には、治療院選びは特に慎重に行いたいものです。

現在ではカイロプラクティックの法制化が進み、資格制度も整っている外国で、日本の方がカイロプラクティックを専門に学び、その後に帰国をして開業をするというケースも多くなっています。
海外での厳しい研鑽を修めたと施術者であれば、一定の技術力・経験知の担保となる事は間違いないでしょう。
治療院選びの参考になると思います。