すべり症の手術・・・除圧術

すべり症の手術・・・除圧術

すべり症の手術の方法として一般的には除圧術と脊椎固定術2つの方法があります。

除圧術は神経を圧迫している部分を削って圧力を取りのぞく手術です。
すべっている部分の骨の動きが小さい場合は脊椎の不安定性がそれほど強くないので、除圧だけを行います。

椎間関節を壊さないように治療をすることが極めて重要であり、そのために神経を圧迫している部分だけを削ります。

症例によっては内視鏡で除圧することもありますが、確実に除圧するためには内視鏡にはこだわらず、片側から進入して両側除圧し、重要な椎間関節を温存するという方法をとることもあります。

筋肉へのダメージが少なく、回復も早い最小侵襲脊椎手術は、皮膚の切開を最小限に抑え背筋へのダメージも最小限に抑える事が出来ます。

最小侵襲手術は、術後の痛みが少なく術後の回復をより早いものにするので、早期の社会復帰が可能になります。

この方法はあくまでもすべっている部分の不安定性がない場合の手術ですが、すべっている部分に動揺があるすべり症では、除圧だけではなく脊椎の固定が必要になります。