脊椎分離・すべり症への鍼灸治療の有効性

脊椎分離・すべり症への鍼灸治療の有効性

脊椎分離・すべり症の場合、慢性的なだるい痛みを伴った腰痛が起こる傾向にあります。

病院の保存療法的な治療ではなかなか改善しない分離症ですが、鍼・マッサージ・整体をバランスよく施すことにより高い治療効果が望めます。

X線で骨の離断がみられるのにもかかわらず、症状が出ない人がいます。
骨の離断による痛みより、離断した部分が不安定になる事によって、分離部周囲の循環障害が起こり神経を刺激し痛みを起こしているのです。

故に、鍼灸での治療目的は、腰椎の分離部周辺の筋肉の血流改善と、拮抗筋(背筋の働きを支える筋肉)である腹筋や下肢の筋緊張を緩めることにあります。

血流を改善することにより、筋肉の緊張を引き起こす乳酸などの疲労物質が溜まらない身体に整えることが出来ます。

鍼灸(針)の刺激は、脳のエンドルフィンを増やし、脳のカテコールアミンは減らすという重要な働きをします。
これらの総合作用によって、鎮痛効果が得られるようになります。

しかし、この治療法もすべての人に効果があるわけではなく、人によっては痛みが増す結果になる事もありますので、針灸師とよく相談しながら治療を受けることが大切です。

※エンドルフィン・・脳・脳下垂体などに含まれ、脳内のモルヒネ受容体と結合すると鎮静効果がある。

※カテコールアミン・・・ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンなどカテコールを分子内にもつ生体アミンの総称で、副腎髄質や脳・交感神経などに含まれ、ホルモンや神経伝達物質としての役割を持つ。