似たようなものに、すべり症がある

似たようなものに、すべり症がある

腰椎分離症には、すべり症という似たような症状のものがあるので少し注意が必要でしょう。この二つは症状や原因が似ているので、一緒のものという考えをもってしまうこともあるかもしれませんが、実は大きく違う点があります。その大きく違う点とは何かと言うと、それは症状が出るまでの過程となります。すべり症の場合、その名前のとおり、腰椎が滑ってしまうことによって腰痛が発生してきます。一方腰椎分離症は、腰椎の棘突起と呼ばれる部分が折れてしまうことによって、症状が出てきます。骨折とずれでは大きな違いなので、腰椎分離症とすべり症は全く違うものということができるでしょう。ただ、症状が出るまでの過程は大きく違いますが、症状自体は似ているので、しっかりとした検査が必要になります。素人判断で、対処をしてしまうと、間違った対処になってしまう危険性もあるので注意が必要と言えるでしょう。傷みが出たときには、しっかりと専門の人に見てもらうようにしましょう。