すべり症はどんな痛みがあるのか

すべり症はどんな痛みがあるのか

すべり症は急に大きな痛みを伴うことはあまりありません。そのため急に日常生活に支障が出てくることは考えにくいです。徐々に、じわじわとくるような痛みを感じることもあります。腰の違和感や痺れを感じることで、自分の体の異変に気付き、病院に行くという人もいます。その違和感をあまり気にせず、放っておくことによって、痛みが慢性化してしまうこともあるので注意が必要と言えるでしょう。すべり症は、腰椎がすべることで発症します。そのため脊柱管狭窄症や、坐骨神経痛などを併発してしまうこともあり、その場合は、激しい痛みを感じることもあります。痛みがあまり大きくない状態でどれだけ対処をすることができるかが大きなポイントといえるでしょう。多くの腰痛の原因になったり、体の不調の原因になる症状ともいえるので、あまりこの症状が長期的に続いている状態は好ましくありません。できる限り、痛みを緩和できる方法、すべりを改善できる方法を見つけていくことが大切と言えるでしょう。