腰椎分離症、腰椎すべり症の治療・・・ブロック注射

腰椎分離症、腰椎すべり症の治療・・・ブロック注射

腰椎分離症、腰椎すべり症を、手術をしないで治療する方法として、薬 、神経ブロック注射、理学療法などを用いた保存的治療が行われます。

神経ブロックとは、神経の痛む部分に局所麻酔を注入し、神経をマヒさせて痛みを取る方法です。

神経ブロックは初回については勿論治療として行われますが、痛みを起こす原因の判別をするためにもなっています。
つまり、現在の痛みが腰の中枢神経が圧迫されて生じているものか、内臓疾患が影響して腰痛を起こしているのかなどの判断ができるのです。

神経ブロック注射によって一時的にせよ痛みが改善されたら、それは中枢神経が原因だということになるのです。

神経ブロック療法は入院の必要はなく外来で受けることができ、痛みを抑える効果が比較的早くあらわれるため、薬物療法や理学療法などで効果が得られない場合によく行われます。
痛みが強いとき、持続するときなどに有効とされています。
しかし、まれに血圧低下やアレルギー症状がでる恐れがあるので、医師から十分な説明を受けることが必要です。

ブロック注射の方法として神経根ブロック・硬膜外ブロックなどがあります。

腰椎硬膜外ブロック
横向きになった姿勢で、神経を包む硬膜外腔に薬を 注入します。

仙骨硬膜外ブロック
腹ばいになり骨盤の下に枕を当て、仙骨というお尻の骨の最下部の硬膜外腔につながった穴から薬を注入します。

選択的神経根ブロック
硬膜から脊柱管の外に出た神経根の1本だけを選び、局所麻酔を注入します。
神経根の部分をレントゲン透視下で確認しながら行われます。
神経根を正確に捉えるため、麻酔剤の注入前後に造影剤を注入する場合もありますが、
注入された薬剤が直接神経根に触れるため、ビリビリッした痛みを感じます。
しかし、この造影剤の流れを観察することで、神経根の圧迫状態を調べることができるので、検査が同時に行えるという意味もあるようです。

椎間関節ブロック
変性すべり症などの痛みに最も効果的な方法です。
ベッドに斜めに横たわってレントゲン透視下で、椎間関節に少量(1mlほど)の局所麻酔を注入します。医師が見て効果があれば、数回繰り返します。

このような様々なブロック注射は神経の伝達回路を絶って痛みを抑えるというもので、あくまでも対処療法なのです。
ブロック注射で完治するというものではありません。