腰椎すべり症になる要因

腰椎すべり症になる要因

腰椎分離症・腰椎すべり症の二つは加齢が原因で起きることが多く、中高年に多いとされている疾患です。

取り分け腰椎すべり症はいわゆる加齢現象によるものとされる症例の代表格の一つです。
腰椎分離症も加齢現象によるものも多いのですが、こちらの場合は骨がまだ成長段階にある中高生が激しい運動の繰り返しによって起こる場合も多く見られます。

イメージ的には脊椎というのは、丸いドーナツを積み上げたような形をしていて、「腰椎」は腰のあたりの脊椎で、これが何らかの原因で飛び出した状態を「すべり症」といいます。

腰椎すべり症は加齢現象によるものばかりではなく、他の要因によるものもあり以下のように分類されています。

・腰椎変形(変性)すべり症・・・老化などにより、腰椎を支えている筋肉等が退化し、支えを失った腰椎が主に前方に(お腹の方に)出した状態です。腰椎の分離は起こっていないのに、腰椎がすべりだしてしまった状態になっています。
長時間立っていると腰痛や臀部痛が生じ、下肢に痺れが出る場合もあります。

・腰椎分離すべり症・・・腰椎が疲労骨折などで折れたり切れたりして分離を起こし、腰椎がすべりだしてしまった状態をいい、腰椎の分離からすべり症となるものをいいます。
すべりだす腰椎は、第四腰椎のこともありますが、多くの場合上から5番目の第五腰椎です。
前かがみになると腰の突っ張り感や不安定感があります。

・先天性腰椎すべり症・・・先天的な骨の形成異常が原因です。
お尻が出た姿勢になり、腰痛や下肢痛の症状もあらわれる事があります。

・外傷性腰椎すべり症・・・外傷で骨折したために腰椎がすべり出している状態です。

・病的脊椎すべり症・・・悪性の腫瘍や感染で生じるものをいいます。

上記のように、腰椎すべり症と一言で言っても色々な要因があり、重大な病気が潜んでいる場合もありますので、腰痛など違和感を感じたら「歳のせい」にしないで、専門医の診察を受けて下さい。