腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎すべり症とは、腰椎が本来あるべき位置から前方にすべり出ることによって、神経を圧迫する状態のことを言います。

ぎっくり腰のような鋭い痛みが急にくるというよりは、腰に持続的な鈍い痛みをうったえる人が多いようです。

腰椎すべり症と坐骨神経痛は密接な関係があり、腰椎すべり症によって前方へと滑った椎骨が、坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛が起こっているという事になります。

中高年に多い坐骨神経痛の原因は、多くは慢性的なすべり症から発展したものです。
この場合の治療には、まず滑りを起こしている腰椎を元の場所へと戻し坐骨神経の圧迫を取り除く必要があります。

坐骨神経痛で悩んでいる方の中には、痛みのあるお尻から太腿部にどんな治療をしても痛みが取れないという事があるかもわかりませんが、その場合痛みの原因は腰の「腰椎すべり症」にある事が多いのです。

坐骨神経痛といわれてレントゲン診断を受けていない方は、整形外科の先生に相談してみて下さい。
悩んでいた腰痛の原因がはっきりするかもしれません.