腰椎すべり症と脊柱管狭窄症の関係

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症の関係

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症は密接な関係があり、腰椎すべり症が原因で脊柱管狭窄症が起こることがあるのです。

慢性の腰椎すべり症で最も怖いのが脊柱管狭窄症だと言っても過言ではありません。
腰椎すべり症が原因で脊柱管狭窄症が起こるメカニズムは下記の通りです。

脊柱管狭窄症は、もともと脊柱管の狭い人が加齢に伴う腰部の脊椎の変化によって起こる、脊椎症、椎間板症、脊椎すべり症などの要因が重なった時に症状が起こってきます。
腰椎すべり症は、腰椎が何らかのちょっとした原因で、前方にすべりだし脊柱を圧迫します。

脊柱の中には神経の束である脊髄中枢神経が通っていますので、滑り出した腰椎がこの脊髄中枢神経に圧迫を加えると、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

さらに圧迫が強くなると、脊柱そのものが前方へ突出してしまい、脊柱管を狭くしてしまいます(狭窄が起こる)。

このようにして脊柱管の中で神経が圧迫されると、背骨を動かすような動きをするたびに、ビリビリッしびれるような感覚の痛みを持つようになります。

背筋を伸ばしたり、反り返ったりした際に、電気が通ったようなしびれを感じたら、脊柱管狭窄症の可能性があります。

このように腰椎すべり症は放置していると脊柱管狭窄症に発展してしまい、歩行困難などを引き起こし苦しまなくてはなりません。

腰椎すべり症の症状は
・長時間イスや畳に座った後、立ち上がろうとした際に腰にしびれを感じる
・何も特別な事をしたわけではないのに、日常的に腰が重くて動くのがおっくうになる。とりわけ朝起きるのがつらい
・背中を反らしたり伸ばしたりすると、びりびりと痺れるような痛みがある 。
・太ももや臀部、足先までにかけてしびれ感や痛みがある。
・尿漏れをすることがある。

上記のような症状がでたら、腰椎すべり症の可能性がありますので、早めに専門医の診察を受けるようにして下さい。
腰椎すべり症は、中高年、とりわけ女性に多く発生しているようです。