腰椎分離すべり症とは

腰椎分離すべり症とは

腰椎すべり症は、大別すると
・腰椎分離すべり症・・・腰椎の分離が起こり、分離した腰椎がすべり出したもの
・腰椎変形(変性)すべり症・・・腰椎の分離は起こらずに、腰椎がすべりだしたもの
と2つに分けられます。

腰椎は、背骨を構成する脊椎の腰の部分にある骨のことをさしており、この腰椎は全部で5個あります。
腰椎の椎間板のついている前方部分を椎体といい、後方の椎間関節のついている部分は椎弓といいます。
椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

激しいスポーツをしたことなどで、椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまう(疲労骨折)ことがあるのですが、これを腰椎分離といい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を腰椎分離症といいます。

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを分離すべり症と呼びます。
この際、すべりだす腰椎は、第四腰椎のこともありますが、殆どの場合上から5番目の第五腰椎です。
これは、第四と第五のあたりはそもそもの位置関係からして、前にずれやすい格好をしているのです。

すべり症は脊椎同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。

分離すべり症の症状は、繰り返して起きる腰痛、または慢性的な腰痛や下肢痛を起こすことが多く位のですが、重篤なすべり症以外では通常、排尿排便障害の症状はありません。

変性すべり症も腰痛・下肢痛を来しますが、脊柱管全体が狭くなるため馬尾神経の圧迫による症状すなわち、歩行によって下肢痛やしびれ感が出現し、休む痛みや痺れが軽減する間欠性跛行と呼ばれる症状や、会陰部のしびれ感や排尿排便障害を来します