腰椎分離症は疲労骨折のひとつ

腰椎分離症は疲労骨折のひとつ

腰椎分離症は加齢とともに、体の機能が衰え、それによって背骨に負担がかかり、椎骨の骨折が起こってしまうことによって、症状が発生してきます。特に大きな動きをしていなくても、加齢による骨折なので、ふとした時に骨折をしてしまうこともあります。そのため、少し痛みを感じて、病院にいってみたら、腰椎分離症であったと診断される場合もあります。この場合の腰椎分離症は、骨折は骨折であっても疲労骨折とは言いません。しかし激しい運動をすることによっても、時に椎骨の骨折が起こり、腰椎分離症、もしくは脊椎分離症を引き起こしてしまうこともあります。この場合も、症状に気付かず、後になって腰椎分離症だとわかることもあります。この場合の腰椎分離症は疲労骨折から発生した症状と言えます。若い人と高齢者、両方とも症状を抱える可能性はありますが、原因が大きく変わってくることもあります。若い人の場合、体の成長もあるので、痛みを感じにくく、症状が悪化してしまうことも多いです。