腰椎変性すべり症とは

腰椎変性すべり症とは

腰椎すべり症には様々なタイプがあり、腰椎がいったん分離してしまい、その後にすべり症となるものを「腰椎分離すべり症」と呼び、これに対して、腰椎の分離は起こっていないのに、腰椎がすべりだしてしまった状態を「腰椎変形すべり症」と呼んでいます。

第4腰椎と第5腰椎の間に起こりやすく、中年以降の女性に多くみられます。
腰椎には馬尾神経を入れた硬膜管が通っている脊柱管があります。
 「すべり症」は腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて症状が出ます。

椎弓の上下関節突起部分の断裂(分離)はみられず、老化による椎間板や椎間関節の変性(椎間関節のすり減り)が進行して脊椎がゆるんだ状態になり、第4腰椎の下関節突起部分が第5腰椎の上関節突起部分を少し乗り越えて前にずれ、脊柱管が狭まり腰痛などの症状があらわれます。

現れる症状としては、腰椎の不安定性に伴う腰痛、座骨神経痛、足のしびれ、また足の親指に力が入らない、間歇跛行など腰部脊柱管狭窄症と似たような症状が出てきます。
しかし、その症状がぎっくり腰のように強く出ることはあまり無いようで、「そのうち治る」「年齢の所為だから」と、しばらく放置されるケースがよくあるようです。

診断は、レントゲンのほかMRIや脊髄造影、CTなどを組み合わせ神経への圧迫や不安定性の診断を行います。
治療法は、安静にする事やコルセットを使用、リハビリ(理学療法)、薬物治療、ブロック療法などを行います。
これらの治療で痛みが軽減しない場合は手術が必要となります。