腰椎変性すべり症の手術「神経除圧+後方固定」

腰椎変性すべり症の手術「神経除圧+後方固定」

変性すべり症は日常生活に大きな支障がなければ、保存療法での治療が行われますが、歩行、排せつなどに支障があれば、神経の圧迫を取るため手術が必要となります。

変性すべり症は腰椎の椎体と椎体が、椎間板の変性や椎間関節の変性によってずれた状態になっていることをいいます。
治療の目的は変性した骨性成分による神経の圧迫を取り除く事と、すべりによる動的因子つまり不安定要素の制御です。

・神経の圧迫の解除(神経除圧)のみで固定術は行わない方法・・・骨を削ってトンネルを広げるだけの手術です。

すべり症の自然経過において、不安定な時期を過ぎると最終的には自然治癒力が働いて新たな骨化によって、ずれた状態のままで固まってしまうので、すべり症があってもすでに固まっているものに対しては新たな固定はいらないという考えに立った方法で、手術による体への負担が少ないものです。

しかし、身体の動きによって骨が動くという不安定な状態のものには効果が少ないうえ、神経除圧を行うには骨や靭帯を切除することになります。

結果、後方の支持組織が弱くなってしまい、術後新たな変形が起こる場合もあり、それまで安定していたものが悪化する(あらたにすべりが起こる)可能性があるのです。

・神経除圧と後方固定を行う方法・・・神経除圧に加えて、自分の骨を移植したり、金属で後方支持組織の補強を行うものです。

しかし、補強はされるものの、その固定力は限られ不十分な固定になる可能性があります。
軽度のすべりで不安定さが少ないものや、高齢者など骨が弱い患者の場合で強固な固定術ができないものには便利ですが、金属の破損の可能性もあります。