腰椎分離症・すべり症・・・早期発見の重要性

腰椎分離症・すべり症・・・早期発見の重要性

腰椎分離症・すべり症の原因として、一部遺伝も関与していると考えられています。

主な症状は腰痛ですが、椎弓部が骨折しても強力な靭帯がかかっているので、腰が重く鈍痛はあるが静かにしていれば症状は出ないということもあります。
腰を捻ったときに痛みがあるときは分離の疑いがあります。

高齢者に腰痛があっても「歳のせい」と思い診察を受けない事もよくあるようですが、多少の腰痛でも重大な症状を発症してしまう事がよくあるのです。

早期診断にはX線だけでなく、CTやMRIなどの検査も必要となりますので、「たかが腰痛」とあなどらず、まずは診察を受ける事です。

腰椎分離症は小学校高学年から中高生といった、骨が充分に成熟していない成長期のスポーツ選手によく発生する障害ですので、お子さんが運動時に腰痛が生じた場合は早期に整形外科専門医を受診することが大切です。

成長期であれば、治療によって離れた骨が自然に癒合することもありますし、必要に応じてコルセットによる保存療法がとられ、重篤化が避けられます。

分離症が放置された場合、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれてしまうため骨と骨との位置関係にずれが生じることがあります。この状態を腰椎分離すべり症と言います。

すべりを起こすと神経根が強く圧迫を受け、激痛や痺れが生じてきます。
こうなると早急に適切な処置をしないと、下半身麻痺など最悪の状態に落ちることがあり、とても危険です。

特に骨の成長が不十分な若年層にすべりが生じやすいと言われています。
早期の適切な診断と治療が大変重要となります。
腰痛が長引く場合や下肢の痛み・痺れ現われた場合、早めに脊椎脊髄病専門医を受診することをお勧めします。