腰椎のすべり症がいまいち理解できない人へ

腰椎のすべり症がいまいち理解できない人へ

腰痛になる原因はいくつかあり、何が原因で腰痛になっているかをしっかり知っておくことは非常に重要であり、痛みを慢性化させないためにも必要な治療を受けることが大切になります。腰痛の原因となることが多いものの一つに、腰椎すべり症があります。すべり症という名前がついているので、なんとなくイメージをすることができる人も多いですが、具体低にどんな症状なのかいまいち理解できない人もいるでしょう。

腰椎すべり症をイメージする時には、腰部分の椎骨が勝手に滑って移動してしまっていると考えるとわかりやすいです。少しずつ滑っていくので、いきなり症状が現れることは少なく、少しずつ腰に痛みを覚えることになります。そのため早期発見をすることが難しい腰痛の原因とも言うことができます。我慢できる痛みであることも、早期発見を遅らせる大きな要因と言えるでしょう。痛みの程度で言えば、そこまで酷くはないので、高齢者であると、意外と自分が腰椎すべり症になっているということもあります。