一番多い原因に椎間板の変性があります。

一番多い原因に椎間板の変性があります。

腰椎すべり症の中で、一番多い原因としてあるのが、椎間板が変性することによって、おきてしまう腰椎すべり症です。腰椎すべり症というと、ほとんどこの椎間板の変性を意味することになるでしょう。一番多いので、一番症状が軽いと感じてしまうこともありますが、形成不全、腰椎分離症による腰椎すべり症よりも、治療が大変になってしまうことも比較的多くあります。また椎間板ヘルニアなどの原因になってしまうことも多く、決して軽んじてみることはできない症状と言えるでしょう。最悪手術などをして、治療することもできますが、普段の生活での姿勢があまりに悪いと、再発してしまう可能性も十分にあります。神経などに障害が出てしまうとそれだけで、日常生活に大きな支障をきたすことになるでしょう。腰椎すべり症もできるだけ早めの発見が非常に重要になるといえます。腰に問題を抱えている人は、定期的にしっかりとした検査をしてもらう必要があるかもしれません。