腰椎分離症の原因は「疲労骨折」

腰椎分離症の原因は「疲労骨折」

腰椎分離症とは、身体の過伸展(反らす)やさらに回旋(捻る)動作をくりかえして行うようなスポーツをしている若年競技者に多く見られ、腰椎の関節突起間部が疲労骨折を起こしてしまっている状態をいいます。

接触プレーが多いスポーツで身体を伸ばしきった状態などの時に、背後や側面から強く接触した際に発症しやすい障害で、ウエイトトレーニング(筋トレ)の最中でも起こるリスクは高いようです。
骨折部位は左右片側どちらかが多く、競技動作の反対側(右利きの人は左側)に起こる事が多いとされています。

腰椎は、臼状の骨である「椎体」と背骨部分の「椎弓」から構成されていて、椎体と椎弓は「椎弓根」という部分で接合されています。
腰椎すべり症は、この椎弓根と椎体が椎弓から引き剥がされるように分離することで発生するのですが、分離が起こる理由としてはスポーツなどが原因となる疲労骨折が挙げられます。

疲労骨折によって椎弓から千切れるように分離した椎弓根が、椎体ごと横に滑ることで強い痛みが発生するのです。

腰椎すべり症の原因として、腰部の筋力が低下することで腰椎が前方にすべり、その結果、中枢神経を圧迫して腰椎すべり症となる、という説明がありますが、スポーツ選手の場合は日々筋肉を鍛えていますのでこれは当てはまりません。

したがって、身体を鍛えすぎたために一種の「疲労骨折」を起こし、それが原因で腰椎分離を起こし、さらにすべり症に発展してしまったのだ、と考える方が自然です。