腰椎分離症は主に椎弓部の分離

腰椎分離症は主に椎弓部の分離

腰椎分離症とは、何らかの原因で腰椎から一部組織が分離してしまう事で、椎体と椎弓が分離した不安定な状態となっています。

椎弓とは椎骨の一部で、椎体の両側から後方に出ている橋状の部分で、この後面中央に棘突起、左右に横突起、上下に各関節突起が出ています。
上下の椎弓間にできる空隙からは脊髄神経が出入しています。
「椎弓」は背中に沿ってその先端が浮き出ており、直接手で触る事が可能です。

また、椎骨とは脊柱を構成する小さな骨で、ヒトでは32~34個あり、部位に応じて頚椎=7個 ・胸椎=12個・腰椎=5個・仙椎=5個(癒合して仙骨となる)・尾椎=3~5個(癒合して尾骨となる)と呼ばれます。
脊椎(背骨)は24個の椎骨が積み重なって構成されています。
そして、更に細かく分けると、「椎骨」は前半分と後半分に分けられており、その前半分が「椎体」、後ろ半分が「椎弓」と呼ばれます。
腰椎分離症で分離をしてしまう椎骨は、一般的にこの後半分の椎弓です。

手技療法であるカイロプラクティックやオステオパシー、十字式健康法、整体などが重要視するのは脊椎で、脊椎の歪みを見極める上で重要な目標となるのが、この椎弓なのです。