若いスポーツ選手に多い腰椎分離症

若いスポーツ選手に多い腰椎分離症

中・高校生のスポーツ選手の約一割が、腰椎部分の疲労骨折が原因で椎間関節の骨の連続性が断たれた状態になる腰椎分離症であるともいわれています。
ほとんどが第5腰椎に起こります。

骨がまだ成熟しきっていないうちにスポーツで激しい衝撃を与えるからで、運動量が多ければ多いほど、またスポーツレベルが高度になればなるほどその発症率は高くなります。

症状はぎっくり腰のような痛みはなく、腰痛はあるのですが鈍痛であり、下肢痛はないのですが、背中を後ろに倒すと痛みが出る程度です。
その為、医療機関で診察を受けるまでに至らず、そのまま経過してしまうことが多いようです。

このうち発生初期に腰部が安静に保たれた場合には、分離部は癒合するのですが、激しいスポーツを続けていると癒合はせず、すべり症に発展してしまう事が多いようです。
腰痛も少しあるし、背中をそらした時に痛みを感じるようでしたら、それが酷くなくても整形外科で診察を受けるようにすることが、早期発見につながり酷くなるのを防ぎます。

腰椎分離症の治療は、ほとんどの場合は保存療法でよくなります。
痛みの強い急性期は、コルセットを着用し安静にしておけば、腰の痛みを軽減することができます。
年齢が若い場合は、半年間ほどで骨がくっついて元に戻る場合もあります。
薬物療法、温熱療法、神経ブロック療法などで症状は治まってきます。

症状がおさまったら、運動やストレッチなどで腰周りの筋肉を鍛えて腰の強化を図るようにしましょう。
腹筋、背筋をバランスよく鍛えて、腰のサポート力を強化しましょう。

このように、安静して保存療法を行なっても改善が見られなければ、病院で、固定術などの手術で治療しなければなりませんが、腰椎分離症の場合は、大抵は保存療法でよくなります。