腰椎分離症とその予防

腰椎分離症とその予防

スポーツなどで激しいトレーニングをしていると痛めがちな腰ですが、腰の骨が疲労骨折することから起きる「腰椎分離症」になることもあります。

腰椎は、お腹側の椎体と呼ばれる円柱状の部分と、背中側の椎弓と呼ばれる突起部から成っています。
背骨(脊椎)の中でも腰椎は、特に頑丈に作られているのですが、日常生活や運動で強い力がかかることが多く、いかに頑丈な腰椎でも疲労からひびが入ることがあるのです。
これが脊椎分離症で、ひび割れて完全に椎弓部分が断裂して前方にすべった場合が脊椎すべり症となります。

腰を大きく反らす動作が脊椎分離症を起こしやすく、背筋が衰え、骨が弱くなっている中高年や、背筋や骨の形成が未成熟の小学校高学年に多く見られます。
脊椎分離症は、軽症ならば痛みを感じることが少なく、そのため医師の診断を受けることなく無理をして、悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。
腰の疲労感や鈍い痛みを感じたら、早めに整形外科を受診することが大切です。

脊柱、とくに腰部を酷使するスポーツをしている人は、特に正しい姿勢・動作を日常生活においても心がけることが重要です。
また肥満は腰部に過大な負荷をかけることになり、腰椎と骨盤のリズミカルな動きを妨げて腰部障害をもたらす一因となります。

ハムストリグス(人間の下肢後面を作る筋肉)の疲労や衰えも腰椎と骨盤のリズムを狂わせ、腰仙筋(腰の筋肉)の過労が加わると腰痛を引き起こすことになります。
脊椎分離症・脊椎すべり症の予防・改善に有効なのは、腹筋運動とストレッチです。
腹筋が弱いと腹圧も弱いので、腰が反り気味の姿勢になり、腰椎が前にすべりやすくなります。

腹筋を鍛えるとともに、腰痛ベルトを併用するとよいでしょう。
腰痛ベルトは幅の広いタイプが良く、腹圧を高め不用意に後ろに反る姿勢を制限することができます。

スポーツ活動においてはハムストリングスのストレッチングや腹筋群の筋力強化、肥満の防止が重要な予防手段といえるでしょう。
また、少年期のスポーツ選手の練習量は、1日2時間程度を目途としましょう。