腰椎すべり症とぎっくり腰の関係

腰椎すべり症とぎっくり腰の関係

腰椎すべり症とぎっくり腰は深い関係にあり、メカニズムや症状は「ほぼ同一」と考えていいかもわかりません。

腰椎すべり症では、腰椎が前方に辷り出すのですが、それが決して瞬間的なものではなく、長い間の生活習慣や加齢などによって徐々に辷り出していきます。しかし、魔女の一撃と呼ばれるぎっくり腰の場合は「瞬間的な辷り」である事が多いのです。
つまり、メカニズムはほぼ同じではあるけれど、腰椎すべり症とぎっくり腰の違いは、この一瞬にして起こるかそうでないかの違いであるといえます。

ぎっくり腰は腰椎が前方に辷り出す瞬間に周囲の筋肉が危険を察知して、腰椎を元の位置へと戻そうと反発します。つまり、腰椎がすべらないように瞬間的に引き締めにかかるのです。
この優れた反射作用のお陰ですべりは戻りますが、代わりに瞬間的に大きな負荷を負った筋肉は炎症反応を起こし、激しい痛みや発熱といった諸症状を引き起こすのです。

腰痛で整形外科等で診察を受けた場合、激しい痛みがある場合は「ぎっくり腰」と診断され、慢性的な痛みの場合は「腰椎すべり症」と診断されるケースが多くあります。
いずれにしても、ぎっくり腰と腰椎すべり症は、痛みの程度や種類などに違いはありますが、腰椎が動くメカニズムは同じなのです。