腰椎分離症を疑ったら

腰椎分離症を疑ったら

腰椎分離症の症状は、腰を後ろへ反らせると痛みを感じたり、長時間立っていると腰がつらくなり、立っていることが困難になります。
ところが腰椎が分離していても、必ずしも腰痛が起こるわけではなく、無症状のままスポーツを続けている人もいて、辷り症に発展してしまいます。

腰に痛みを感じた場合には、危険な腰痛の可能性もありますので、まずは病院(整形外科)で、詳しい診断を受けることをおすすめします。

腰椎分離症も腰椎すべり症も、X線検査を行えば比較的簡単に診断できます。
分離が原因の腰痛であるという診断結果が出たら、それに対応する治療が始まります。
腰への負担がかからないように安静にするようにという指示や、コルセットをはめるようにという指示があると思います。
状況に応じて、腰部に関わる筋肉の強化を勧められることもあります。

また、手術が決まった場合その準備のためにCT検査やMRI検査を行い、神経圧迫の状態を詳しく調べたり、分離した部分をよりはっきりと検査します。

腰痛は分離以外で起こる可能性があり、腫瘍などの重篤な病気が原因である場合もあるので、早期に発見されることが理想です。
子供の腰椎分離も早期発見で、分離部分が癒合する可能性が大きいのです。