「腰椎すべり症」と「腰椎分離症」の原因は

「腰椎すべり症」と「腰椎分離症」の原因は

「腰椎すべり症」と「腰椎分離症」の二つは中高年に多いとされている疾患です。
 特に腰椎すべり症は、いわゆる「加齢症状」と云われるものの代表的な症例の一つです。

一方の「腰椎分離症」もまた、加齢現象による疾患といわれることが多いのですが、こちらは運動量の激しい、骨がまだ成長段階にある中高生が激しい運動をした場合に比較的多く見られる疾患です。

いずれにせよ「加齢」による筋肉・靭帯・椎間板等の組織の衰弱・機能減衰が一因である事は確かです。

しかし、高齢者の多くに発症する病気ではあるものの、高齢者の大半が発症するものではなく個人差があるという事は、筋肉・靭帯・椎間板等の組織の衰弱・機能減衰の原因が、加齢ばかりでなく他に要因があるのではないでしょうか。
つまり、生活習慣の悪さが老化を招いている主要原因なのではないかという事です。

老化の現象が年を経る事ばかりが原因ではなく、運動不足から誘発されていると考えられるのです。
腰痛・肩こりは現代病と云われています。
交通手段の発達や車社会の影響などで、十分に体を動かす機会も減ってしまっています。

日頃から積極的に体を動かして、血液の循環をよくし筋肉を健康かつ柔軟に保つことで、腰椎すべり症・腰椎分離症についても、ある程度は予防できるのではないでしょうか。

無理をしない程度の適度な運動を継続的に行う事で、腰痛などの症状を「年齢のせい」にしない、常に心身ともに若く健康な高齢者を目指したいものです。