腰椎すべり症の治療法「保存療法」

腰椎すべり症の治療法「保存療法」

腰椎すべり症と診断された場合には、治療法としてまず保存療法で治療されます。
先ずは安静にすることから始まります。

・薬物療法
痛みがある時に塗るとひんやりする「非ステロイド性消炎鎮痛剤」などを使うのが一般的です。これは神経の炎症を抑えることで痛みの軽減に効果があります。
症状によっては痛みには消炎鎮痛薬に加えて筋弛緩薬、神経の修復を助けるために神経賦活薬や末梢循環改善薬、向精神薬などを用います。

・腰椎コルセット(装具療法)
コルセットは腰部の後屈(腰の反り)を制限し、前屈位(前かがみ)の状態で各人に併せて作成されます。
コルセットには軟性コルセットと硬性コルセットがあり、一般的に広く使われているのは弾力性のある素材で日常生活に支障のない軟性コルセットです。
しかし、長期間コルセットを使用していると筋力が弱くなりますので、時々コルセットをはずして運動をする必要があります。

・運動療法
リハビリテーションとして温熱療法(ホットパック)や腰椎牽引療法があります。
また、痛みの少ない時には、腰部のストレッチングや腹筋の強化を中心とした筋力訓練を行います。
腰椎牽引療法は牽引により症状が増悪することもあるので慎重に行なっているようです。

・ブロック療法
症例が頑固な場合は、神経ブロック療法を試みることになり、これは腰部硬膜外ブロック、神経根ブロック、分離部ブロック、椎間関節ブロックなどとなります。
痛みや痺れの原因となっている神経の神経根に局所麻酔を注射する方法です。
外来で行う事ができるうえ、確実に鎮痛効果を得られます。

その他日常の生活習慣の見直しをして、歩き方、椅子の座り方、畳から立ち上がる場合の方法、階段の上り下りの姿勢など、身体に染みついた変な癖があるかどうかをチェックし、それを改善するよう指導します。

以上の治療は根本的な治療ではないのですが、まずは痛みを取り除くことが必要な人にとっては重要なことです。