腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症や脊椎すべり症は、年配者に比較的多い腰椎疾患です。
椎間板ヘルニアと大きく違うのは、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれっぱなしということです。これが、腰椎分離症とすべり症の大きな特徴です。

腰椎分離症とすべり症は、根本的には違う病気で、腰椎分裂症は、椎骨棘突起が折れてしまう事で腰痛が起こるもので、腰椎すべり症の場合、椎骨がすべる事で腰痛が起こっています。

腰椎分離症とすべり症は、ぎっくり腰などの急性の腰痛と違って、年配者に多く見られる腰痛です。
この2つの腰痛を引き起こす主な原因は、靭帯組織や椎間板の劣化によるもので、劣化の原因が加齢による過負荷なのです。

若い時は靭帯も丈夫で柔軟性があり、瞬間的な腰椎の辷りがあってもすぐに元に戻ることが出来ます。
年を取るにつれて靭帯も衰え、柔軟性もなくなりますので、いったん辷りが起こると元に戻すことが出来なくなってしまうのです。そのまますべりっぱなしになってしまうのです。
これが、年配者に腰椎分裂症とすべり症が多く見られる理由です。

激しい運動をする若い世代に、腰椎分裂症が見られる場合がありますが、この場合はコルセットの装着などで骨は再び癒合することが多いのです。

腰椎分離症・・・腰痛や下肢に痛みや痺れが出ることもあります。
背中を後に反らせると痛みがあり、腰掛ける、立つ、歩くなどの連続して同じ動作を続けることが辛くなります。
激しい運動をしている最中に、いきなり腰が抜けたようになることもあります。

腰椎分裂すべり症・・・腰椎分離が原因で起こる辷り症で、前かがみでの腰の突っ張り感や不安定感を感じます。

腰椎変性すべり症・・・腰椎に分離はなく、加齢などによる辷り症で、長時間立つことでの腰痛や臀部痛があり、下肢に痺れが出る場合があります。

先天性腰椎すべり症・・・先天的な形成異常が原因の辷り症です。腰痛の他に下肢痛もあり、お尻が出た姿勢になります。

外傷性腰椎すべり症・・・外傷で骨折が生じ、腰椎がすべり出します。

病的脊椎すべり症・・・悪性の腫瘍や感染で生じます。