腰椎分離・すべり症に於ける神経ブロック注射

腰椎分離・すべり症に於ける神経ブロック注射

腰痛原因が腰椎分離・すべり症などであると明らかで、安静にして薬物療法などを行ってもも効果がなく、痛みが慢性化しておさまらない、激しい痛みがある、再発をなんども繰り返すなどといったときに、神経ブロック療法が用いられます。

神経ブロックは痛みを軽減するための対処療法です。
麻酔薬などを注射し、痛みを伝える伝導路を一時的にブロックし痛みが脳に伝わらないようにするという方法です。

また、神経ブロックの初回は痛みを軽減する治療目的として行われますが、他に現在ある痛みは腰の神経が圧迫されて生じているのかどうかという診断目的でも行われます
腰痛を起こす内臓疾患との鑑別に用いられます。
つまり、神経ブロック注射で腰痛が軽減されれば、原因は腰の神経の圧迫によるものと判断され、内臓疾患によるものでないという事がはっきりと結論づけられます。

ブロック療法には神経根ブロックと硬膜外ブロックの2つがあります。

・神経根ブロック・・・X線で透視しながら炎症を起こしている神経根のみに注射をおこないます。
施術者は神経根の解剖学的な位置関係を十分に理解している必要があり、多くの治療経験に基づくテクニックと勘が要求されます。

・硬膜外ブロック・・・脊髄をおおっている一番外にある硬膜の外側にある空間へ、局所麻酔薬などの薬剤を注射して、痛みの強い部分の神経を麻痺させ痛みを和らげます。
痛みがある部分は血管が収縮していて、神経へ酸素や栄養を与える事が難しくなり、更に神経にダメージを与え痛みを増強してしまっています。
硬膜外ブロックにより、痛みの軽減、血流の改善を行い弱っている神経へ酸素や栄養を補給します。

神経根ブロックは痛んだ神経根にだけ作用し、硬膜外ブロックは痛んだ神経根以外の神経根にも作用します。
ブロック療法は1回だけで効果がある人もいれば、何度おこなっても効果が出ない場合もありますので、そのことを踏まえて決断しなければなりません