腰痛と腰椎すべり症

腰痛と腰椎すべり症

腰痛を引き起こす数多くの病名の中で、「腰椎すべり症」も代表的なものの一つといっていいものです。
腰椎すべり症は、中高年の女性に多いことはよく知られていますが、男性や子どもにも多く発症しています。

一般的に、腰椎の劣化や損傷が原因で起きる腰痛を引き起こす病は、
・椎間板ヘルニア
・腰椎すべり症・腰椎分離症
・脊柱管狭窄症
などがありますが、大切なのは、病名にあまり惑わされずに、「痛みの原因は何か」という視点で捉えることです。

単に腰の筋肉が疲労して腰痛が起こっているのか、内臓疾患が原因で痛みが出ているのか、脊髄を走る中枢神経が圧迫されて痛いのか、というように痛みの原因を理解することが大切です。

原因をはっきりとさせないと間違った治療を行う事になる恐れがあり、ますます症状を悪化させることになってしまいます。
一口に腰痛と言ってもさまざまな原因があるので、整形外科等を受診し正しい原因を突き止めることが大切です。

腰椎すべり症による腰痛は、中枢神経が圧迫されていることが原因で、腰の痛みのほかに下肢に痺れや痛みなどがおこることもあります。

腰椎すべり症の初期は椎間板や椎間関節由来の腰痛が主体ですが、進行すると脊柱管狭窄症を生じることもあります。
しかし、腰椎がすべることで逆に脊柱管が広くなるタイプの人もいるようで、そのような場合には腰椎の不安定性による痛みを発症します。
腰椎分離症やすべり症が原因で腰椎が不安定性になり、それが神経と接触し腰痛や下肢痛を発症します。