椎間関節性腰痛症と辷り症

椎間関節性腰痛症と辷り症

椎間関節性腰痛症は腰椎すべり症の一種で、腰痛の原因が椎間関節にある腰痛の総称です。
椎間関節は、上下の椎骨でつくる左右1対の関節で、椎骨間の支持・連結をする一方、脊柱の働きを制御したり安定させたりする働きを持っています。

椎間関節性腰痛症は筋・筋膜性腰痛症と同様にぎっくり腰(急性腰痛症)の代表的な病態で、急性の椎間関節性腰痛症は30歳代が最も多く、慢性の椎間関節性腰痛症は中高年に多く発症しています。
椎間関節は物理的なストレスを受けやいことからギックリ腰の原因ともなり、また加齢による変性も起こりやすいので、中高年に多い慢性腰痛の原因ともなっています。

典型的な症状は、朝のうちは激しい腰痛があるのに、お昼から午後と時間が経過するにつれて、症状が改善されていくというものです。

急性の椎間関節性腰痛は、いわゆるギックリ腰として発症します。
椎間関節をつくる関節包や関節軟骨部には、多くの知覚神経が分布しています。
重いものを持ち上げたり、急に体幹を捻ったりすることが引き金となり、関節包や勒帯が傷つくことで、痛みとともに炎症が生じます。

椎間関節が炎症により変化を起こすと、多くの知覚神経を刺激して直接腰部の疼痛を発生させてしまいます。
これが、椎間関節症におけるギックリ腰のメカニズムです。
ギックリ腰による炎症を何度も繰り返すうちに、関節周辺には瘢痕組織が形成されていき、
柔軟性と滑らかな動きが低下した関節は弱化していき、慢性的な椎間関節性腰痛へと移行してしまいます。

椎間関節部にみられる衰えは、加齢とともに複合的な病変をもつ変形性脊椎症へと進行する可能性があります。
また、すべり症などの因子も加わることで、脊柱管狭窄症となることもあります。