腰痛ベルトを巻いて腰痛体操

腰痛ベルトを巻いて腰痛体操

腰椎すべり症の原因や症状は、加齢にともなって進行するものなのであり、治療方法も腰に腰痛ベルトやコルセットを巻いて、患部を保護するような保存療法が中心になります。

腰痛ベルトを巻いた状態で腰痛体操を行うことも可能ですが、効果が期待できない場合もあります。
腰痛体操を行う場合はあくまでも専門医と相談の上行うようにすることが大切です。
腰痛ベルトを使用する際には、ベルトを巻く場所は腰骨から測ってこぶしひとつ分だけ離れた場所に巻いてください。
仙腸関節の上にベルトを巻くのですが、きつさはベルトの間に親ゆびが入るぐらいにきつく巻いてください。

腰痛ベルトは骨盤ベルト、腰痛バンドという名前でも市販されていて、ゴム素材のものや一部ゴム素材で伸縮性のあるバンドまで、様々なものがあります。
タイヤのチューブなどを使用しても良いようです。

腰痛ベルトを巻き終わったらまずは両足を肩幅の広さに開いて立ちます。
フラフープを行うように腰を回すのですが、一回転について2秒ほどかけて回転させます。
左右両方の側でまわし、片方50回ほどを目安としてください。
足をしっかり地面につけたうえで膝は曲げないようにし、腰は水平になるように意識してゆっくり行う事が腰痛ベルトを使った体操のポイントです。