準備体操、それは誰でも出来る予防方法

準備体操、それは誰でも出来る予防方法

子どものスポーツなどでは、準備体操が重要と言われていても、おろそかになってしまうことが多いです。やはりやりたいと言う気持ちが強く、また体も元気で、活力もあるのでいきなり運動をしても体が耐えてしまうことが多いです。しかしここはしっかりと大人が止めて、準備体操をしっかり行なわせるようにした方が良いと言えます。腰椎分離症やすべり症は子どものころのちょっとした骨折が原因になってしまうこともあります。子どもから大人になるにつれて、体は強くなりますが、同時に堅くなってもいきます。

柔軟性を失ってしまった時に、症状が出始めてしまうこともあるでしょう。準備運動はそのような可能性を確実に下げることができる有効的な予防運動になります。体躯の時間などで行なう準備運動のようにしっかりと時間をかけて行うようにし、ストレッチなども取り入れると良いでしょう。また体幹の柔らかさを維持できるような準備運動を取り入れておくのも効果的となります。