腰椎分離症でも活躍ブロック注射

腰椎分離症でも活躍ブロック注射

ブロック注射は腰椎分離症などのほかにも坐骨神経痛などの治療にも活用されることが多いです。坐骨神経痛のときと同様に、痛みをブロックする効果があり、そのため痛みによる苦しみを緩和させることができます。長期的な効果を望むことは出来ず、その場の痛みをやり過ごす為の治療と言えるでしょう。そのため根本的な解決にはなりません。ただ、ブロック注射によって痛みがなくならないこともあります。その場合はまた少し注意が必要と言えるでしょう。腰椎分離症の痛みの原因となるのには、内臓疾患なども関わってきます。また時によっては腰椎分離症ではないことも当然ありえるでしょう。ブロック注射は神経の機能を非常に悪くするものなので、神経に原因がない場合は当然その効果はありません。ブロック注射によって痛みがなくならない場合、複数の専門家に診て貰う必要が出てくる可能性もあります。総合病院などであれば、対処しやすいですが、一分野に特化した専門的な病院であると、すぐに対処することができない場合もあるので注意です。