腰椎すべり症とさまざまな腰痛

腰椎すべり症とさまざまな腰痛

腰椎すべり症は脊椎すべり症ともいい、椎骨(腰の骨)が前方へずれる状態をいい、症状としては腰痛症と似ていますが、腰椎すべり症では腰の痛みのほかに、下肢に痺れや痛みなどが起こる場合があります。

腰椎はもともと前方に湾曲する形をしていますので、立っている姿勢では下部腰椎(腰の下部)では常に前にずれようとする力が働いています。
椎骨が前方へずれる原因は、腰椎が分離すること(腰椎分離症)によるものや、加齢による椎間板の老朽化などで起こるようです。

これらの腰椎すべり症にはいくつか種類があり、「腰椎分離すべり症」は前にかがんだ姿勢の時に感じる症状や腰が突っ張った感じ、不安定感などがあります。
「腰椎変性すべり症」は、立ち仕事などを長期間続けることによって、腰痛のほかにお尻にも痛みを感じたり痺れが出るという症状があります。
この他には「外傷性腰椎すべり症」、「病的脊椎すべり症」、「先天性腰椎すべり症」などがあります。

腰椎すべり症のほかの腰痛として、腰痛があり朝起きるとき激し痛みの腰痛があるものの、日中体を動かすにしたがって痛みが楽になってくるという椎間関節性腰痛症があります。これは腰椎にある関節に起こる炎症が原因のようで、この病気が生じる年代としては中年以降の世代の人たちに多く見られるようです。

この他には坐骨神経痛、シュモール結節、骨粗しょう症による腰痛などさまざまな腰痛の原因があります。

このうちシュモール結節は椎間板ヘルニアのうち、椎体内(上下方向)へ脱出するもの、つまり内ヘルニアで神経への圧迫等はありません。

子供や若い人などでも激しいスポーツや外傷で機械的なストレスを繰り返すと、椎間板の中の髄核が上下に突き抜けることがあるのです。
症状は腰から足先にかけてシビレや痛み、筋力の低下などがあります。