腰椎すべり症の治療

腰椎すべり症の治療

腰の病気「腰椎変性すべり症」に悩む中高年が増えています。
特に女性に多く、腰椎がずれているため腰痛を発症するほか、酷くなると歩行障害や排便障害を招くこともあります。

腰椎すべり症の痛みを軽減するための基本的な治療方法は薬物療法、温熱療法、牽引療法、体操療法、装具療法などの保存療法が基本になります。
症状が強くこれらの療法で痛みが軽減されない場合は、ブロック注射をする場合があります。

また、保存療法で効果が得られず、症状が日常生活に支障がでるほど重くなった場合に手術が検討されます。
保存治療の基本は安静で、コルセットで腰椎を安定させ、動きを制限することもあります。

薬物療法では 非ステロイド系の抗炎症剤、ビタミンB剤、ビタミンE剤、消炎鎮痛剤などで症状を和らげ、神経の修復を助けるために神経賦活(ふかつ)薬や末梢循環改善薬なども用いられます。

理学療法では、温めることで末梢の血液循環がよくなり疼痛が改善するので、温熱療法も用います。

ブロック療法では、神経に局所麻酔薬を注射して、神経伝導路を止める(痛みをブロックする)治療方法です。神経根ブロック・硬膜外ブロックなどがあります。
初回の神経ブロックは当然治療が目的なのですが、初回以降の神経ブロックには、現在の痛みが確実に腰の神経が圧迫されて生じているものかどうかという診断的な意味でも用いられ、その他の腰痛を来す内臓疾患との識別に用いられます。
ブロック注射で痛みが軽減されれば、痛みの原因が腰部の神経圧迫によるものと断定できるという事です。

腰椎分離症の手術としては、分離部の固定術が行われます。
腰椎すべり症の手術としては、すべっている椎間の固定術を行います。
固定術は自分の骨盤などから骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合があります。
また症例によっては、固定の補助として金属製の器具を使う場合もあります。