腰椎すべり症の痛みの原因

腰椎すべり症の痛みの原因

腰椎分離症・すべり症の代表的な症状は腰痛や座骨神経痛なのですが、それらの症状の原因は2つ考えられるのです。

まず、腰椎すべり症は、腰椎が前方に滑っている状態で、この本来の位置にない腰椎が、脊髄の神経を圧迫することになり痛みの原因となるものです。

次に、整形外科を受診してX線検査で「腰椎すべり症・分離症」が認められても、腰痛や座骨神経痛の症状の出ない人は沢山いるといわれています。
腰椎分離症・すべり症は、腰椎が分離していたり辷っている事が、痛みとは直接関係ないことが多いのです。

腰椎すべり症の方は、腰椎が前方に滑ったことで腰全体のバランスが崩れ、骨盤や股関節が歪み腰椎に負担をかけた姿勢になってしまいます。

こうなると腰の周辺の筋肉は正常に働かなくなり、どこかの部分だけにより大きな負荷がかかってしまう状態が続くことになり、このアンバランスな状態が、腰痛・座骨神経痛などの症状をひどくさせています。

腰椎をしっかり支える腰の要で、脊柱の屈曲を行う腰の支柱筋肉の一つである「大腰筋」が緊張して硬くなると、足の運びが悪くなってしまいます。

また脚のつけ根から腰へかけての両側にあり、骨盤と股関節(大腿骨)を結んでいる「中殿筋」が緊張して硬くなると、お尻から足にしびれや痛みが出てきます。