腰椎分離症から坐骨神経痛へ

腰椎分離症から坐骨神経痛へ

腰椎分離症だけであれば、その症状に気付かないでしばらく普通の日常生活を送っている場合もありますが、腰椎分離症が原因となり他の症状が出てきてしまうと、通常通りの生活ができなくなってしまうこともあります。腰椎分離症の中で併発されやすい症状の一つに坐骨神経痛があります。坐骨神経痛は症状の程度によっては生活をすることが困難になってしまうこともあります。そのため腰椎分離症になってしまった時の早期的な治療が非常に大きなポイントとなります。

腰椎分離症をまずどうにかする必要がある場合が多く、腰椎分離症への治療が開始されることが多いです。当然その間は、激しい運動などはできなくなってしまいます。訓練などで体を動かす程度になるでしょう。あまりにも日常生活の中で影響が出てきてしまう時は、それに応じた手術などをすることもあります。大人だけでなく子どもも十分この症状を抱えてしまう危険性はあるので、それは知っておくことが必要と言えるでしょう。